WAITING FOR THE SUNが使用しているサスティナブルな素材 Vol.2

WAITING FOR THE SUNは地球からゴミを減らすことを目標に掲げているため、使用する素材にはとてもこだわっています。

 

今回はベータスティールというフレーム素材についてご紹介します!

 

ベータスティールはステンレススティールという素材が使われています。

ドイツ製 の新しい種類のステンレススティールで50%以上の リサイクルされた素材 が使われています。

 

ステンレススティールは鉄やクロム、ニッケルといった金属や元素で構成されおり、「錆びない」という特徴があり、腕時計などに使われている素材です。

通常のステンレススティールはニッケルを含むため最もアレルギーを起こしやすい素材と知られているのですが、 ベータスティール はニッケルを含んでおりません。

錆びないという特徴は残しつつ金属アレルギーの症状を起こしにくい素材となっております。

 

また WAITING FOR THE SUN で使われている他のメタルフレームに比べて頑丈で使用中も歪みなどを軽減できる素材です。

 ベータスティール のフレームの50%以上が リサイクル素材 を使って作られており、フレームの100%が リサイクル可能な素材となっております。

アイウェアブランドでこの素材をと使用しているのは非常に珍しいので

是非お試しいただきたいです!

 


 

 

 


この投稿をシェアする


コメントを残す


x