ニュース — sdgs

WAITING FOR THE SUN eyewear from France

WAITING FOR THE SUN eyewear from France

 waiting for the sun (ウェイティング フォー ザ サン)のブランドプロフィール

 

フランス、パリ発の世界で最初のサスティナブルコンセプトアイウェアブランド

2010 年、waiting for the sun は 当時パリのcolette(コレット)のアートギャラリーや、クリスチャン ラクロワ(Christian Lacroix)のグラフィックデザインをしていた Antoine Mocquard と Julien Tual の2人によって創立されたブランドです。

 

廃材を使ったウッドフレームのサングラスから始まり、長年 2 人で協力しクリエーションしてきました。 2017 年の初 めに Sébastien が眼鏡技師として加わり、メガネの専門的な開発に貢献しました 。

特別な価値のあるアイウェア、他のブランドにはない新しいビジョン、限りある資源を使うという責任感、これらを考慮しながらプロフェッショナルとして現在もアイウェア を生み出しています 。

ラインナップ
現在 waiting for the sun のメインコレクションは以下の 4 つの素材にて分類されます。

 

• バイオアセテート

• リサイクルメタル

• ベータスティール

• ベータチタン

 

<バイオアセテート>

アイウェア業界では、廃棄物が生産プロセスに関与する素材の総重量の 70~80%を占めていると言われています。サングラ スに適していて尚且つ地球への悪影響を最大限に抑えられる素材を見つけるのにとても苦労しました。 主にアセテートに使 用されるコットンは育てるのにたくさんの水を使用することからwaiting for the sun の素材としてはすぐに除外されまし た。

waiting for the sun のバイオアセテートはリサイクルが可能です。機械加工時 にでる廃棄物を収集し、材料の製造過程でその一部を再利用しています 。 私たちのバイオアセテートはウッドファイバー(木)から作られています。 一般的な考えとは反して、木材産業は実は地球にそれほど悪影響は及ぼしていませ ん。 よく管理され、うまく育てられた森林は、温室効果ガスの削減に貢献しま す。成長する木は、老化する木よりも多く の酸素を放出し、より多くの...